トモニテ
具合の悪そうな赤ちゃん

【小児科医監修】急性嘔吐・下痢症(急性胃腸炎)

胃や腸が炎症を起こして嘔吐や下痢に。【主な症状】嘔吐・下痢
胃や腸が炎症を起こして嘔吐や下痢に。【主な症状】嘔吐・下痢

【症状】ウイルスや細菌が原因で胃腸に炎症が起こる

胃や腸がウイルスや細菌の感染によって急性の炎症を起こし、嘔吐や下痢のような症状が出る病気を総称して「急性嘔吐・下痢症」とか「急性胃腸炎」などといいます。食欲がなくなり、腹痛、下痢、嘔吐などが見られます。下痢の程度は、ケースによってさまざまです。

ウイルス性の場合

病的な嘔吐・下痢は、ほとんどの場合、ウイルスが原因です。中でもロタウイルスによるロタウイルス腸炎は、注意が必要です。また、ノロウイルスやアデノウイルスも胃腸炎を引き起こすウイルスです。

これらのウイルスによる原因以外にも、かぜ、突発性発疹症、咽頭結膜熱(プール熱)などにかかったときに、症状の一つとして下痢を伴うことがあります。

関連記事
水のような便が出る、冬に多い下痢。【主な症状】嘔吐・下痢

細菌性の場合

細菌が原因になる場合もあります。サルモネラ菌、カンピロバクター菌、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌などによる食中毒が典型的なケースです。細菌性の場合は、便に血液やうみが混じっていることがあります。腐ったようなきついにおいも、細菌性の胃腸炎の特徴です。

ウイルス性と細菌性の違い

【ウイルス性胃腸炎】

■原因

ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなど

■便の特徴

粘液が混じっている場合も

【細菌性胃腸炎】

■原因

サルモネラ菌、カンピロバクター菌、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌など

■便の特徴

血液、うみが混じっている場合も。腐敗臭

【治療】水分を補給しつつ抗生物質で治療

ウイルスが原因の胃腸炎の場合は、ウイルスに直接効く薬はないので、脱水を防ぎながら、回復を待ちます。細菌性の胃腸炎では、原因である細菌を特定し、その細菌に効く抗生物質で治療します。重症の場合は、入院が必要になります。

嘔吐・下痢があるときは脱水症に気をつけて

嘔吐や下痢の症状が続くと、体内の水分が急速に失われ、体の機能が正常に働かなくなります。これが脱水症といわれる症状です。

おしっこの回数や量が減った、唇や肌が乾いてカサカサしている、泣き声が弱々しくグッタリしてきた、などのようすが見られるときは、脱水症を起こしているおそれがあります。症状が進むと、けいれんを起こしたり、意識がなくなって昏睡状態に陥り、生命の危険も生じます。大至急、受診してください。

育児が不安なママ・パパをサポート

ママデイズの記事は、アプリでもっと便利に読むことができます。
アプリは記事を読む以外にも、低月齢の赤ちゃんの成長記録に便利な「育児記録」の機能もあります。

ボタンタップで手軽な育児記録

ママデイズアプリの育児記録

© every, Inc.

生まれてすぐの赤ちゃんの生活リズムを把握するためにつけるべき育児記録。
ママデイズのアプリなら、ボタンタップで簡単につけられて便利です。
パートナー間での共有はもちろん、じいじやばあばなどその他のご家族にも共有することで育児をシェアしやすくなります。

1週間ごとの記録がグラフでまとめて見れる

ママデイズ_育児記録_睡眠記録

© every, Inc.

食事・睡眠・排泄・体温の記録では、1週間分の記録をまとめて見ることができます。
睡眠のまとめで周期が見えると、お昼寝のタイミングなどが予想しやすくなるので便利です。

大切な成長記録を印刷して残せる

android_sub_2208x1242_PDF (2) 1

ママデイズアプリに記録した育児記録は、無料でPDFファイルとして出力ができます。
身長・体重も記録できるので、将来お子さんに見せてあげるために印刷・保管しておくのはいかがでしょうか。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当